新築時の太陽光発電?

Posted by admin

新築(一軒家)を建てる時には、屋根瓦の一部を埋め込み式の太陽光発電パネルを使っているケースが増えてきているらしい。
電力会社が余った電気エネルギーを買い取るといったコマーシャルが浸透してきた為かもしれない。
では、なぜ新築物件に多いか?それは、つまり・・・
時間の短縮です。null
太陽光発電のパネルに途中から切り替えた時に比べると、初期投資は変わらないというのが大体の意見です。
しかし、凡そ30年はかかって設備したお金を回収するという太陽光パネルの場合は、当然に新築の際に備え付ける方が有功といえると思います。
また、途中から太陽光発電用の設備を作るためには、瓦や発電量を測定する機器等を新たに設置する必要があり、設備したお金を回収するのに時間を要します。
ならば、尚のことではありますが、初期の段階から設置を行うことが良いと言えるでしょう。
まだ、最近では家電量販店(中規模程度の店舗)でも太陽光発電を前提としたパネルの展示を行っているのを見ますので、必ずしも住宅展示場に出向く必要はないと思われます。
更に海外に目を向けた場合には、スペイン等の諸外国では太陽光パネルを設置した住宅に対して優遇を敷くといった制度(現在でも履行されているかは不明)が5年以上前からありました。
今後、さらなる環境問題や環境志向の企業や団体が増えていくことを考慮すると、たとえ初期投資が今までの屋根と比べて高価になったとしても、取り入れる価値はあると考えられます。