高松市の太陽光発電に対する取り組み

Posted by admin

太陽光発電は、太陽の光を電力に変える発電方法です。
太陽光発電では、発電のために石油を用いず、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出しないため、新世代におけるクリーンなエネルギーとして推奨されています。
そこで、日本では国や自治体で地球温暖化防止のために太陽光発電システムを導入する人に対して補助金制度を導入しています。
補助金制度を導入することで、設置費用の負担を軽減して、多くの家庭や企業に太陽光発電システムを導入することが目的です。
高松市においても、新しく住宅用の太陽光発電システムを設置する人に対してその設置費用の助成事業を行っています。
平成24年度においては、補助金の予算枠をオーバーするほどの申請がありました。
そこで、高松市では12月に補正予算を組むことで、改めて申請を受けることにしました。
一旦、締め切りを締め切られた申請者については、予約申請を受けていましたが、補正予算が成立したことで、予約申請をしていた人たちの太陽光発電システム設置の着手も可能となったのです。
太陽光発電で発生した電力は、電力会社との受給契約を結べば、電力会社に売却することも可能なので、設置費用の回収も容易となります。
更に、日中に発電した電力を夜間に使用することができるので、電気代の節約にもなります。
また、停電時にも使用できるので、災害対策にもなるのです。
このようにメリットがたくさんある太陽光発電は、今後高松市内において、さらに導入される予定です。