家のある高松市において、急いで設置しました!

Posted by admin

私は、予てから日照時間も申し分ない高松市に暮らしている事もあり、いつか太陽光発電を設置しようと考えていました。
しかし、いつかという話ではなく、急ぐべきであると判断し、早急に業者にお願いしました。null
その理由を書いてゆきますね。
まず、売電価格が上がり、高松市の太陽光発電に対する補助金が、業者など大きな規模で設置する場合に、打ち切られた事です。
これを見て、家庭は関係ないと考えるか、補助金や買い取り制度が太陽光発電システムを国民に普及させるための政策と考えれば、やがて思惑通り大きくなれば、一般家庭への補助金もおりなくなる可能性があると考えるかですが、私は後者で判断しました。
さらに、今なら固定買取制度によって20年間42円/kWhで買い取り続けてもらえますが、後から設置したら、この措置も受けられない可能性も考えられます。
はっきり言って、初期費用が高いというデメリットは、この補助金と買い取り価格で回避できるのに、これをのんびりしている事によって逃す事は、愚の骨頂ですよね。
そして、色々調べてみたのですが、高松市のように業者や大きなシステムにだけ補助金を打ち切っているのが、他の自治体も足並みをそろえているわけではない事がわかりました。
そう考えると、ここに住んでいなければ、私も危機感を覚える事がなく、のんびりしていたかもしれません。
まったく、太陽光発電を設置する気がないならともかく、予てから考えていたのですから、遅れて失敗していたら、悔やんでも悔やみきれませんでしたね。