四国、高松市周辺で導入する意義

Posted by admin

日本は化石燃料の埋蔵量という点では、石炭の推定埋蔵量はかなり多いものの地底深いところであったり、海底の奥深くに埋蔵しているものが多く、コスト面で採算が取れないため現時点では商業ベースの発掘は困難な状況にあるといえるでしょう。
現在化石燃料エネルギーベースの中心となっている液化天然ガスや原油の埋蔵量は非常に少なく、国内消費分の99パーセントを輸入に頼らざるを得ない状況です。
null将来的に地政学的なリスクを避けて、政治的に安定したエネルギー源を確保することは日本政府にとっての大きな課題であり、継続的に使用可能な自然エネルギーである地熱や風力、太陽光に代表される再生可能なエネルギーの実用化が迫られている状況にあるといえるでしょう。
日本政府が政策で再生可能な自然エネルギーの実用化と消費拡大に真剣に取り組み始めた事は、今後の日本のエネルギー政策の大きな転換点となると考えられています。
特に電力買取価格が1kwにつき42円と高いレベルに設定された太陽光発電による発電システムは、家庭用太陽光発電システムの普及に大きくはずみをつけ、商業ベースでの産業用太陽光発電事業の導入が今後日本各地で進んでいくものと想定されます。
特に日照時間が長い四国、高松市とその周辺では家庭用太陽光発電システムの急速な普及が進むと期待されています。
家庭単位での再生可能エネルギーシステムの普及は、政治的に安定したエネルギー源の確保につながるといえるでしょう。