温暖で災害の少ない香川県を太陽光発電の名所にしよう

Posted by admin

香川県と言えば讃岐うどんが有名ですが、太陽光発電の名所となっても良い様な気もします。
夏になると、ニュース等で「香川県では水不足です」と言った報道を耳にします。
香川県は、気候的には瀬戸内海式気候に属し、本当に雨が降らない地域なのです。
年間降水量は、全国でも下から数えた方が早い事がほとんどで、これに比較して日照量は常に全国でもトップクラスを維持しています。
nullこの為、香川県では農業用水を補う為に、ため池を各地に作り、塩田が発達しました。
瀬戸内海の海水を煮詰めては、砂浜にまき、天日によって乾燥を繰り返させる製塩方法です。
古くは弥生時代中期から、香川県では製塩が行われていたそうです。
生活に必要な水が不足する事は不便ですが、太陽光発電ではそのままメリットになります。
なにしろ太陽光発電はその名の通り、太陽光が無ければ発電を行う事ができません。
いくら太陽光発電パネルの発電効率を高めても、現状では雨天や夜間には発電を行う事ができないのです。
そしてもう一つ、重要なメリットがあります。
香川県は古来から、地震や火山、台風等の大きな災害にみまわれなかった地方でした。
地震に関してですが、東海、南海連動地震の震源地からは遠く、大きな揺れに見舞われる事もありません。
これは、屋根の上に発電パネルを設置しなければならない太陽光発電にとっては、とても安心な事です。
また香川県が属する四国地方には、大きな火山もありません。
噴煙による被害等も恐れる必要が無いと言う事です。
温暖で災害の少ない香川県は、太陽光発電にうってつけの地方と言う事ができます。